KQ MiniSynth フィルタ/エフェクタモジュール

入力された音を加工するモジュールです。

KQ MiniSynthモジュール一覧

電圧制御式フィルタ (LPF/HPF/BPF/BEF)

VCF

ローパスフィルタ(LPF)、ハイパスフィルタ(HPF)、バンドパスフィルタ(BPF)、バンドエリミネーションフィルタ(BEF)です。
LPF は高音域の周波数をカットし、HPF は低音域の周波数をカットします。
BPF は指定周波数の周辺音域を取り出し、BEF は指定周波数の周辺音域を削減します。

端子/パラメータ

  • LPF/HPF/BPF/BEFボタン

    フィルタを選択します。

  • Frequency

    LPF/HPF のカットオフ周波数、もしくは BPF/BEF の中心周波数を指定します。

  • CV

    フィルタの強さを入力します。

  • V/Oct

    追随させる音高を入力します。

  • Tracking

    V/Oct から入力された音高に追随する割合を指定します。
    100% の場合、カットオフ周波数/中心周波数は完全に追随します。

  • Resonance / Width

    LPF/HPF の共振(レゾナンス)の強さ、もしくは BPF/BEF の周波数の幅を指定します。
    端子が接続された場合、入力に応じてレゾナンス/周波数の幅が変わります。
    共振とはカットオフ周波数の音が強調される効果のことです。

  • Wave In

    入力波です。

  • Wave Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

ディレイエフェクタ

ディレイ

入力された音を遅らせるフィルタです。

端子/パラメータ

  • Time

    音を遅らせる時間です。

  • Dry

    入力されたそのままの音の音量です。

  • Wet

    音を遅らせる効果をつけた後の音の音量です。

  • Feedback

    音をこの音量でフィードバックさせます。
    音が減衰しながら連続して鳴るようになります。

  • In

    入力です。

  • Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

モジュレイテッドディレイ (バージョン2.0)

モジュレイテッドディレイ

音の遅延を変化させることで、コーラスやフランジャーといった効果を生み出せるモジュールです。

端子/パラメータ

  • Mod CV

    この入力によりモジュレーションをします。通常はLFOを繋ぎます。

  • Min/Max Delay

    遅延の最小値、最大値を設定します。コーラスでは遅延の最小値が20ms程度、フランジャーでは最小値が0msです。

  • DryWet

    Dryは加工前、Wetは加工後の音を表します。0で加工前の音のみ、1で加工後の音のみ出力されます。

  • Feedback

    ディレイのフィードバック量です。

  • In

    入力です。

  • Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

リバーブフィルタ (KQ)

リバーブ

入力音に残響(リバーブ)を加えます。KQ MiniSynth独自のアルゴリズムです。入出力はステレオです。

端子/パラメータ

  • Level

    残響の強さを指定します。

  • Wave In

    音を入力します。

  • Wave Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

リバーブフィルタ (FreeVerb) (バージョン2.0)

FreeVerb

入力音に残響(リバーブ)を加えます。パブリックドメインの高品質なリバーブ、FreeVerbを利用したモジュールです。入出力はステレオです。

端子/パラメータ

  • Room Size

    反射音のレベルです。大きくするとあまり反射音が減衰しなくなります。

  • Damp

    大きくすると音が湿ります。

  • Dry

    加工前の音のレベルです。

  • Wet

    加工後の音(残響音)のレベルです。

  • Width

    ステレオの左右の広がりを指定します。

  • Freeze

    ONにすると残響が固定されます。ケーブルを繋いでON/OFFを制御することもできます。

  • In

    入力です。

  • Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

コンプレッサ

コンプレッサ

入力された音の最大音量と最小音量の差(ダイナミックレンジ)を圧縮します。
これを用いることで音の粒を揃えることができます。

端子/パラメータ

  • Thresh

    圧縮を開始する閾値を指定します。

  • Ratio

    コンプレッサの圧縮率(レシオ)を指定します。

  • Attack

    音量が Thresh を超えてから圧縮が始まるまでの時間を指定します。

  • Release

    音量が Thresh を下回ったのち圧縮が終わるまでの時間を指定します。

  • Gain

    出力の音量を調節します。

  • Wave In

    入力です。

  • Wave Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

コーラスエフェクタ (バージョン2.0)

コーラス

コーラスとは、音の周波数を周期的に少しずらした音を重ねることで、複数人で合唱しているような効果を得ることのできるエフェクトです。内部的にはディレイを利用しています。入出力ともにステレオで作動します。

端子/パラメータ

  • Frequency

    周波数を揺らす周期です。大きいほど揺れが早くなります。

  • Depth

    周波数を揺らす深さです。大きいほど揺れが大きくなります。

  • DryWet

    Dryは加工前、Wetは加工後の音を表します。0で加工前の音のみ、1で加工後の音のみ出力されます。コーラスエフェクタでは音の重ね合わせにより効果を出しているので、1にするとコーラスの効果が感じられなくなります。

  • Feedback

    コーラスに使うディレイのフィードバック量です。

  • In

    入力です。

  • Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧

フランジャー (バージョン2.0)

フランジャー

フランジャーとは、うねるような音を生み出すエフェクターです。入出力ともにステレオで作動します。

端子/パラメータ

  • Frequency

    周波数を揺らす周期です。大きいほど揺れが早くなります。

  • Depth

    周波数を揺らす深さです。大きいほど揺れが大きくなります。

  • DryWet

    Dryは加工前、Wetは加工後の音を表します。0で加工前の音のみ、1で加工後の音のみ出力されます。1にすると音の重ね合わせがなくなるのでビブラートをかけたような効果が得られます。

  • Feedback

    フランジャーに使うディレイのフィードバック量です。

  • In

    入力です。

  • Out

    出力です。

KQ MiniSynthモジュール一覧