KQ Dixie FAQ

FAQ (よくある質問)

Q. 音量がとても小さいです。あるいは音が出ません。
Q. 音色の保存方法はどうやるのですか?
Q. ファイルの形式の違いを教えてください。
Q. 音色を読み込むたびにマルチティンバーやパラメーターがリセットされます。
Q. 音色のコピーはどうやるのですか?
Q. マルチティンバー時にボリューム、パン、ピッチなどを音色ごとに設定したいです。
Q. インターネットから音色をダウンロードするにはどうしたらいいですか?
Q. DX7にサウンドバンクを送信する方法を教えてください。

Q. 音量がとても小さいです。あるいは音が出ません。

A. いくつかのパラメーターをご確認ください

とりあえず、パラメーターリセットを試してください。
音量に関係するパラメーターは以下です。

  • param画面
    • volume
    • cutoff
    • EG bias と対応したコントローラーの値
  • edit画面
    • level
    • L1〜L4
    • M sens (amp mod sens)
    • V sens (key velo sens)
    • KBD scale

これらを確認しても音が小さい場合、設定から音量ブーストを調整してください。

リセットのやり方

param画面の右にある、”reset”を押します。

Q. 音色の保存方法はどうやるのですか?

A. 保存には数種類あります。

  • 現在の音色をバンクに保存
  • 現在の音色/バンクをファイルに保存

Q. ファイルの形式の違いを教えてください。

A. 以下の表をご覧ください。

“dxpf” (Dixie Performance) 現在の音色、32個の音色を含むバンク、マルチティンバーの設定、パラメーターの状態を含みます。読み込む際、現在の音色を含むほぼ全ての状態が変わります。
“32+1” (32+1 voices DX7 SysEx) 現在の音色、32個の音色を含むバンクを含みます。読み込む際に現在の音色が変わります。Yamaha DX7と互換性がありますが、これが読み込める他のソフトはほぼありません。
“32” (32 voices DX7 SysEx) 32個の音色を含むバンクです。読み込んでも現在の音色が変わりません。Yamaha DX7と互換性があります。
“1” (1 voice DX7 SysEx) 現在の音色のみを含みます。読み込む際に現在の音色が変わります。Yamaha DX7と互換性があります。

他にも、少し特殊なデータも読み込み可能ですが、”32″か”1″と同等に扱われます。

Q. 音色を読み込むたびにマルチティンバーやパラメーターがリセットされます。

A. 保存形式を変えてください。

“dxpf”(Dixie Performance)形式のファイルには、マルチティンバーやパラメーターが全て記録されているので、保存した際の設定が読み込まれます。
代わりに”32+1″、”32″、”1″のいずれかを利用すれば、音色のみが保存されます。
Quick-Save時の形式は、設定から選択可能です。

Q. 音色のコピーはどうやるのですか?

A. 次のステップを試してください。

  1. アンドゥモードを”バンク”に設定します。
  2. コピー元を選びます。
  3. アンドゥします。
  4. パッチをバンクに保存します。
  5. 2.〜4.を繰り返します。
  6. バンクをファイルに保存します。

Q. マルチティンバー時にボリューム、パン、ピッチなどを音色ごとに設定したいです。

A. チャンネルを別々に設定するか、モードを独立にしてください。

  1. マルチティンバーの設定を開きます。(左の歯車ボタン)
  2. ティンバーごとにチャンネルを別々にするか、設定したいパラメーターのモードを「独立」または「独立2」に設定します。

Q. インターネットから音色をダウンロードするにはどうしたらいいですか?

A. 次のステップを試してください。

  1. Safariで検索エンジンで「DX7 patches」などと検索し、Zipファイルを見つけてダウンロードします。
  2. Safariのダウンロード一覧のボタンを押し、ファイルを押します。
  3. ファイルを長押しします。
  4. 移動を押します。

  5. KQ Dixieを選択し、移動を押します。
  6. KQ Dixieのcartにファイルが現れるはずです。

Q. DX7にサウンドバンクを送信する方法を教えてください。

A. MIDIで接続後、音色の切り替えをするときに自動的に送信されます。

SysExファイルを送信したい場合、cartからファイルを選択するだけでできます。
バンクと現在の音色を送信するには、バンク画面(音色名をタップして出てくる画面)にてキャンセルしてください。
うまく受信できない場合、以下を確認してください。

  • DX7がSysExを受信できる状態にしてください。
    第1世代のDX7の場合、”FUNCTION”を押し、”8″を数回押して”SYS INFO”を”AVAIL”にしてください。

  • DX7の”MEMORY PROTECT INTERNAL”をオフにしてください。
  • KQ Dixieで、MIDI送信先を設定してください。
  • チャンネル番号が等しいことを確認してください。
    • KQ Dixieでは、メニューバーの左のバーの右端の歯車のアイコンから。
    • 第1世代のDX7では、”FUNCTION”から”8″を数回押して。
  • KQ Dixieで、MIDIフィルターを確認してください。送信MIDIタイプを全てオンにしてください。
  • DX7とiPadを接続し、iPadのソフトウェアキーボードを弾いてもDX7が反応しない場合、ハードウェアに問題がある可能性があります。

このページには各社の登録商標が含まれていますが、(R)のマークは省略してあります。