KQ Dixie

KQ Dixieは1980年代に登場したシンセサイザーを基にした6オペレーターのFMシンセサイザーです。

English description is here.
開発者への連絡先はこちら。
リファレンスマニュアルはこちら。
寄付のお願い

アプリ紹介

FMシンセサイザーとは、音の波形を周波数変調(Frequency Modulation)にて変調して出力するシンセサイザーです。
それまでのアナログ方式では得られない、リッチでブリリアントな音色が楽しめます。
この変調方式はラジオに用いられているものと同じで、複雑な波形を少しの変調で得ることができます。
1980年代にこの方式のシンセサイザーが発売されてからブームが起き、一世を風靡しました。
日本では少し前まで携帯電話の着信音などに使われていました。

当アプリは、156個のボイスパラメーターを編集して、自由な音作りを可能にしております。

Audio Unit v3に対応しています。
Audiobusに対応しています。
32種類のアルゴリズムを実装しています。
外部のMIDI入出力機器を用いてDX7と接続すると、DX7の音色を管理することができます。
ほとんどすべてのパラメーターはDX7と互換性があります。
DX7のシステムエクスクルーシブメッセージ(SysEx)及びsyxファイルに対応しています。
Zipファイルに対応しています。
インターネットで互換性のあるボイスデータが大量に見つかるかもしれません。

※画面写真は開発中のものです。

バグ情報

バージョン1.0.5以下

Amplitude modulationでのLFOの作用が、逆になっています。
(Saw upでだんだん大きくなるはずが、小さくなっていた)
このバグはバージョン1.0.6で修正されています。

バージョン1.0.1以下

iCloudが無効になっているとき、音色の保存をしようとするとアプリがクラッシュします。
このバグはバージョン1.0.2で修正されています。

バージョン1.0

ファイル名にスペースなどの文字が含まれている場合にアプリがクラッシュします。
このバグはバージョン1.0.1で修正されています。

更新履歴

バージョン1.2

  • MIDI CCの割り当てを可能にしました。これにより全てのパラメーターをMIDIに対応した物理的なノブやスライダーでコントロールできます。
  • Audio Unit ExtensionにてMIDI出力を追加しました。これによりiOS 11以上でいくつかのAUホストアプリへノブコントロールを記録することができます。
  • キーボードの挙動を変えました。
  • 32 stripped 1 voice (4960 byte)に対応しました。
  • 一部の文字を日本語にしました。
  • ウェブサイトへのリンクを追加しました。
  • その他小さな修正をしました。
  • 2018年12月12日に公開

バージョン1.1.6

  • iOS 12.1に対応しました。
  • Audio UnitのSafe Areaの挙動を変更しました。
  • 2018年11月13日に公開

バージョン1.1.5

  • バグ修正: ノッチがあるiPhoneでファイルを開いた時にレイアウトが崩れていました。
  • その他小さな修正をしました。
  • 2018年10月12日に公開

バージョン1.1.4

  • 音色”Init”が追加されました。
  • ファイル.appの「このiPhone/iPad内」のディレクトリを有効にしました。
  • 2018年10月4日に公開

バージョン1.1.3

  • Files.appにてZipの類似形式のファイルをタップするとKQ Dixieが開いてしまう問題に対処しました。
    副作用として、Files.appの「このiPhone/iPad内」からKQ Dixieが消えます。
    また、過去のバージョンを一度でもインストールしたことがある場合、Files.appからZipファイルやSyxファイルが開けなくなる場合があります。
    その場合はiCloudにファイルをコピーした上で、KQ Dixieアプリを起動してファイルを開いてください。
  • 2018年9月22日に公開

バージョン1.1.2

  • iOS 12に対応しました
  • iPhoneでcart画面の文字が大きくなりました。
  • その他小さな修正をしました。
  • 2018年9月14日に公開

バージョン1.1.1

  • iTunesでSysExファイルを追加した際にUnsupportedとなるバグを修正しました。
  • 2018年2月21日に公開

バージョン1.1

  • More Accurate Emulating (より正確なエミュレーション) オプションを追加しました。
  • グリッサンドの挙動を修正しました。
  • 2018年2月21日に公開

バージョン1.0.9

  • Inter-App Audioのホストから起動した際にパネルが表示されないバグを修正しました。
  • 2018年2月14日に公開

バージョン1.0.8

  • Audiobusの問題を修正しました。
  • 32ビットデバイスのサポートを追加しました(無保証です)。
  • 2018年2月7日に公開

バージョン1.0.7

  • 画面上のホイールをベロシティースライダーかモジュレーションホイールかで選べます。
  • メモリ管理が向上しました。
  • その他細かい修正をしました。
  • 2018年1月30日に公開

バージョン1.0.6

  • Amplifier modulationでのLFOが逆になっていました。
  • ある条件でLFOのパラメーターが読み込まれないことがありました。
  • 2018年1月24日に公開

バージョン1.0.5

  • 特定のZipファイルでのクラッシュを修正しました。
  • 特定のZipファイルのフォルダ構造が間違っていました。
  • 2018年1月21日に公開

バージョン1.0.4

  • Audio Unitの画面サイズが対応したホストで可変となりました。
  • キーボードが隠せるようになりました。
  • Zipファイルの文字コードを自動で判定します。
  • 初めてアプリを起動する時のファイル表示の挙動を修正しました。
  • その他細かい修正をしました。
  • 2018年1月19日に公開

バージョン1.0.3

  • Quick Save機能を追加。
  • 32+1音色の形式に対応。
  • ファイルのリネームとエクスポートに対応。
  • Zipファイル内の対応していないファイルを隠すことができるようになりました。
  • ボリュームとパン操作時のノイズを低減。
  • いくつかのクラッシュするバグが修正。
  • その他細かい修正。
  • 2018年1月16日に公開

バージョン1.0.2

  • ファイルコピーに対応。
  • Zipファイルのフォルダ表示に対応。
  • クラッシュするバグをいくつか修正。
  • 2018年1月13日に公開

バージョン1.0.1

  • ファイル名によりクラッシュするバグの修正。
  • 2018年1月11日に公開

バージョン1.0

  • 初回リリース
  • 2018年1月11日に公開

DXはヤマハ株式会社の商標です。
作者はヤマハ株式会社とは一切ビジネス的な関係がありません。