KQ Dixie マニュアル

edit画面

1. cartボタン

cart画面に遷移します。

2. editボタン

edit画面に遷移します。

3. paramボタン

param画面に遷移します。

4. setupボタン

アプリの諸設定を行います。デバイス接続設定、MIDIチャンネル、Omniモード、バッファーサイズ、同時発音数、バックグラウンドオーディオ、自動スリープ阻害、テーマが設定できます。

5. キーボード拡大/縮小ボタン

タップするとキーボードが拡大/縮小します。

6. holdボタン

有効にすると、鍵盤が押された時にロックし、ずっと押された状態となります。

7. スクロールバー

ここを左右にドラッグすると、キーボードの範囲を動かすことができます。

8. キーボード

タップすると音が鳴ります。

9. ピッチベンド / モジュレーションホイール

pitchをドラッグすると音程がpitch rangeの範囲で動きます。
modをドラッグすると、param画面のfunction parameterにあるcontrollerの設定により、何らかの効果がかかります。

10. 音色ボタン

音色名を表示します。タップするとパッチセレクト画面が表示されます。

11. アルゴリズム

アルゴリズム及び出力レベルを表示します。タップするとアルゴリズム設定が表示されます。

12. オペレーター on off

各オペレーターの番号及び出力レベルを表示します。タップするとオペレーターのオンとオフを切り替えることができます。

13. エンベロープ

エンベロープを表示します。エンベロープとは音量などの変化を表すものです。概ねグラフの通りに各オペレーターの音量が変化します。
タップするとエンベロープ設定が表示されます。

14. 周波数(frequency)

オペレーターの周波数を表示します。タップすると周波数設定が表示されます。
モードがratioの場合、 “f×1.0+4” のように表示されます。これは、周波数が与えられた周波数の1.0倍で、detuneが+4であることを表します。
モードがfixedの場合、 “100.0Hz” のように表示されます。

15. キーボードスケール(KBD scale)

押された鍵盤によって、エンベロープの音量や速さを変えたりする機能です。
詳しくはキーボードスケール設定をご覧ください。

16. センス/レベル

amplitude modulation sensitivity、key velocity sensitivity, output levelを表示します。
詳しくはセンス/レベル設定をご覧ください。

17. その他

middle C transpose、feedback level、Oscillator key synchronizationを表示します。
詳しくはその他の設定をご覧ください。

18. LFO

LFO (Low frequency oscillator)の状態を表示します。
詳しくはLFO設定をご覧ください。

19. ピッチエンベロープ

鍵盤が押されてからの音程の変化のエンベロープを表示します。
50が基準の音程です。
タップするとエンベロープ設定が表示されます。

param画面

20. filter cutoff

ローパスフィルターのカットオフ周波数を設定します。この周波数より高い音はカットされます。CC#74です。

21. filter resonance

ローパスフィルターのレゾナンスの強さを設定します。カットオフ周波数付近の音が強調されます。CC#71です。

22. filter overdrive

オーバードライブの強さを設定します。大きくすると音が歪みます。CC#92です。

23. delay time

ディレイの時間を設定します。単位は10msです。CC#12です。

24. delay feedback

ディレイのフィードバック量を設定します。大きくするとディレイのこだまが小さくなるのが遅くなります。CC#91です。

25. delay mix

ディレイの大きさを設定します。0でディレイがかからなくなります。CC#94です。

26. master tune

音程のチューニングを細かく設定できます。範囲は±75セントです。ダブルタップすると0になります。

27. pan

スピーカーの左右の定位を設定します。一番左が0で中央が64、一番右が127です。ダブルタップすると中央の64になります。CC#10です。

28. volume

音量を設定します。CC#7です。

29. mod wheel

モジュレーションホイール(CC#1)の状態を表します。

30. foot

フットコントローラー(CC#4)の状態を表します。

31. breath

ブレスコントローラー(CC#2)の状態を表します。

32. poly/mono mode

ポリモードとモノモードを切り替えます。ポリモードでは、音が複数出力できます。モノモードでは、同時に1音のみ出力されます。モードによりポルタメントのかかり方が変わります。

33. resetボタン

この画面の設定を全てデフォルト値に戻します。

34. pitch range

ピッチベンドの範囲を設定します。0でピッチベンドがかからず、1で半音、12で1オクターブの範囲となります。

35. pitch step

0以外にすると、ピッチベンドを動かした時にこの値の単位で音程が変化します。1で半音、12で1オクターブ単位となります。この値が0以外の時、pitch rangeは12で固定となります。

36. portamento on off

ポルタメントの有効/無効を切り替えます。

37. portamento mode

ポリモードでは、sus-key P retainとsus-key P follow、モノモードでは、fingeredとfull timeのモードがあります。
sus-key P retainでは、鍵盤をオフにした音の音程は変わらず、新たに押された鍵盤の音程に向かって直前に押された鍵盤の音程からポルタメントがかかります。
sus-ket P followでは、鍵盤をオフにしている音の音程が全て新たに押された鍵盤の音程に向かってポルタメントがかかります。鍵盤が押されたままの音の音程は変わりません。
fingeredでは、レガート演奏(ある鍵盤を押したまま次の鍵盤を弾く)の場合のみポルタメントがかかります。
full timeでは、常にポルタメントがかかります。

38. glissando

オンにするとポルタメントの代わりにグリッサンドがかかります。

39. portamento time

ポルタメントのスピードを設定します。0でポルタメントがかからず、99で最も遅くなります。

40. controller range

モジュレーションホイール(CC#1)、フットコントローラー(CC#4)、ブレスコントローラー(CC#2)、アフタータッチの効果の大きさを設定します。
0で効果がかからず、99で最大の効果がかかります。

41. controller pitch

LFOでの音程の変化をコントロールするかどうかを切り替えます。LFO設定のpitch mod sensが0の時は効果がかかりません。

42. controller amplitude

LFOでの音量変化をコントロールするかどうかを切り替えます。センス/レベル設定のamp mod sensが0の時は効果がかかりません。

43. controller EG bias

エンベロープの音量を変化させます。センス/レベル設定のamp mod sensが0の時は効果がかかりません。
モジュレーターにかけるとブリリアンス効果となり、キャリアにかけるとボリューム効果となります。
EG biasが有効で、キャリアのamp mod sensが最大、コントローラーが最小の場合、音が出ない場合があります。

cart画面

44. カートリッジ一覧

iCloud、Audio Unit Extension、iTunes File Sharing、Factory Presetsの各場所に保管された音色ファイルの一覧を表示します。
Audio UnitではiTunes File Sharingのファイルは読み込むことができません。iCloudかAudio Unit Extensionにコピーして利用してください。
タップすると音色を読み込みます。storeボタン有効時はタップするとそのファイルに32ボイスsysexデータが上書き保存されます。

45. 音色一覧

現在読み込まれている音色の一覧を表示しています。タップして読み込むことができます。storeボタン有効時はタップするとその場所に保存されます。

46. unloadボタン

読み込んだ音色や音色セットを元に戻します。MIDI出力を指定している場合、当アプリの音色データが送信されますのでご注意ください。

47. storeボタン

音色セットを保存する時に有効にします。

48. edit/newボタン

editボタンはタップするとファイルのコピーと削除ができるようになります。
newボタンはボイスデータを新規ファイルに保存することができます。
その際、ファイル名、保存場所及びデータの種類(32ボイスか1ボイス)を設定できます。

パッチセレクト画面

49. 音色一覧

現在読み込まれている音色の一覧です。タップすると音色が切り替わります。
storeボタン有効時はタップでその場所に現在の音色を保存することができます。

50. 音色名

音色の名前を設定できます。最大10文字で、特殊文字は利用できません。

51. storeボタン

音色を保存する時に有効にします。

52. cancelボタン

読み込んだ音色や保存した音色を元に戻してこの画面を閉じます。MIDI出力を指定している場合、当アプリの音色データが送信されますのでご注意ください。

53. doneボタン

この画面を閉じます。

アルゴリズム設定

アルゴリズムとは、オペレーター同士のつなぎ方のことです。これを選択して複雑な音作りが可能となっております。

54. アルゴリズム一覧

アルゴリズムを選択します。

55. closeボタン

この画面を閉じます。

エンベロープ設定

エンベロープは、鍵盤が押された時、level 4からrate 1の速さでlevel 1まで変化したのち、rate 2の速さでlevel 2まで変化し、さらにrate 3の速さでlevel 3まで変化します。
鍵盤が離されるとrate 4の速さでlevel 4まで変化します。

56. エンベロープグラフ

エンベロープを図で表したものです。各ポイントをドラッグして値を変更可能です。

57. rate

エンベロープの変化の速さを表します。各値はボタンを押して変化させるほか、上下へのドラッグでも設定可能です。

58. level

エンベロープの各ポイントの量を表します。各値はボタンを押して変化させるほか、上下へのドラッグでも設定可能です。

59. copyボタン

他のオペレーターに値をコピーする際に利用します。タップすると値が保存されます。

60. pasteボタン

他のオペレーターから値をコピーする際に利用します。タップするとcopyボタンで保存した値を読み込みます。

61. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

62. doneボタン

画面を閉じます。

周波数設定

63. 周波数表示

オペレーターの周波数を表示します。
モードがratioの場合、 “f×1.0+4” のように表示されます。これは、周波数が与えられた周波数の1.0倍で、detuneが+4であることを表します。
モードがfixedの場合、 “100.0Hz” のように表示されます。

64. 発振モード

オペレーターの発振モードを設定します。
ratioの場合、押した鍵盤に応じて周波数が変化します。
fixedの場合、押した鍵盤によらずに周波数は固定です。

65. coarse

66. fine

周波数が倍になると音程は1オクターブ上がります。
発振モードがratioの場合、coarseで設定できるのは0.5倍から31倍までの範囲となります。fineではそれを1倍〜1.99倍したものとなります。
発振モードがfixedの場合、coarseで1Hz、10Hz、100Hz、1000Hzのステップを決め、fineでそれを1倍〜9.772倍に設定します。

67. detune

発振周波数を-7から+7までの範囲でずらす(デチューン)ことができます。

68. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

69. doneボタン

画面を閉じます。

キーボードスケール設定

押された鍵盤に応じて、音量やエンベロープの速さを変えることができます。

70. ブレイクポイント(breakpoint)

各オペレーターのキーボードスケーリングの中心となるキーを決めます。A-1〜C8の範囲で設定できます。

71. rate scaling

オペレーターのEGのrateを高音部になるにしたがって速くすることができます。例えば、ピアノのように高音部では減衰が速い設定ができます。

72. left curve

73. right curve

ブレイクポイントを中心として左側と右側の鍵盤部のそれぞれのカーブを設定します。
カーブは-LIN、-EXP、+EXP、+LINの4種類があります。

74. left depth

75. right depth

各カーブの深さを0〜99の範囲で設定します。0で効果がかからず、99で最大の深さになります。

76. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

77. doneボタン

画面を閉じます。

センス/レベル設定

78. amplitude modulation sensitivity (M sens)

LFOで音量を制御する感度を設定します。LFO設定のAMDのほかに、param画面のコントローラーでamplitudeを有効にした場合に影響を受けます。

79. key velocity sensitivity (V sens)

鍵盤の押す強さ(ベロシティ)に対する感度を設定します。

80. output level (level)

各オペレーターの出力レベルを設定します。

81. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

82. doneボタン

画面を閉じます。

その他の設定

83. middle C transpose

移調を設定できます。中央のド(C3)の移調先を±2オクターブの範囲で指定します。

84. feedback level

各アルゴリズムには、それぞれ1ヶ所だけフィードバックがかかるオペレーターがあります。そのフィードバック量を0〜7の範囲で設定します。

85. Oscillator key synchronization (OSC key sync)

ONの場合、オペレーターは常に位相が0から発振します。そのため、鍵盤が押された時に音色が一定となりますが、ノイズが発生することがあります。
OFFの場合、オペレーターは前の音から滑らかにつながります。そのため、鍵盤が押された時に音色が変化する場合があります。

86. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

87. doneボタン

画面を閉じます。

LFO設定

Low Frequency Oscillator (LFO)とは、低い周波数で発振し、音色の音程や音量を変化させるものです。

88. 波形(waveform)

LFOの波形を6種類から選択します。
三角波(triangle)、下降ノコギリ波(saw down)、上昇ノコギリ波(saw up)、矩形波(square)、正弦波(sine)、サンプル&ホールド(sample/hold)があります。

89. LFO key synchronization (LFO key sync)

ONの場合、LFOの位相は鍵盤を押した時にリセットされます。
OFFの場合、LFOの位相は鍵盤とは無関係です。

90. LFO speed

LFOの速さを0〜99の範囲で設定します。
0が最も遅く、99が最も速い設定です。

91. LFO delay

鍵盤を押した後、LFOがかかるまでの時間を設定します。
0で鍵盤を押してすぐに効果がかかります。99で鍵盤を押してから効果がかかるまでの時間が最も長くなります。

92. pitch modulation depth (PMD)

音程にLFOをかけるときの深さを0〜99の範囲で設定します。
0で効果がかからず、99で最大の効果がかかります。
PMDは各コントローラーの効果とは別に、音程を変化させるものです。

93. amplitude modulation depth (AMD)

音量にLFOをかけるときの深さを0〜99の範囲で設定します。
0で効果がかからず、99で最大の効果がかかります。
AMDは各コントローラーの効果とは別に、音量を変化させるものです。

94. pitch modulation sensitivity (PMS)

音程にLFOをかける感度を0〜7の範囲で設定します。PMDの他に、param画面のコントローラーでpitchを有効にした場合に影響を受けます。

95. cancelボタン

変更を破棄して画面を閉じます。MIDI出力を指定していた場合、設定が送信されますのでご注意ください。

96. doneボタン

画面を閉じます。